その分現金でくださいよ。

店長の好意が台無しに

2018/12/29に石原夏織さんの1stライブ、「Sunny Spot Story」に参加して参りました。
石原夏織さんと言えば僕の友人の永遠の推しということであまりにも有名で、存在自体は昔から知っていたのですが、寡聞にして彼女の活動だったり、人となりに関してはあまりにも知らない状態でした。
(流石にその辺の人よりは詳しいと思いますが…)
ただ、今期に関しては夏織さんの主演作品『色づく世界の明日から』に昨今なかなかないほどのハマり方をしてしまい、彼女に対して「友人の推し声優」だけじゃない注目をし始めているのも確かでした。
2018年の11月には学園祭イベントに誘っていただいて、夏織さんの愛嬌ある喋り方だったり動きを見て可愛いな〜(単純オタク並の感想)と思ったり、12月には本渡楓“様”と出演した色づくのトークショーでは熱い作品愛を語っていただいて、自分が好きな作品をキャストもこんなに愛してくれるなんて幸せだなと思ったり、お渡し会で友人に「あり得んウケる」と笑われながら夏織さんに「色づくがめっちゃ好きで初めてイベント来てみました!ライブも楽しみにしてます!」と宣言したりしてみました。
その間にも色づくのストーリーはどんどん進んでいき、ライブ当日には最終回。
1話観た時の「面白そうだけど、某P.A.作品も最初こんな感じだったし大丈夫かな…」といった不安を完全に払拭して、幸せながらも少し切ない最終回を迎え、これからずっと忘れられないであろう作品になりました。初期の寂しげな鈍色から終盤にかけて色づいていく過程が声からもしっかり伝わってきました。
そんな高まった気持ちで迎えたライブ当日。
当初は次の日仕事だからって理由で昼の部だけ参加にしたのですが、友人から一般販売のURLが送られてきて買え。と言われ3分後には購入したため、初声優ライブ2部参加。滾っていきます。
まずは物販に並びます。
取り敢えず光る棒とTシャツくらいあればええやろ〜と思ってたのですが、まぁタオルも買っとくか〜からのカレンダーとブロマイドめっちゃ可愛いやんけ!となって結果的に色々買ってしまいました。
ブロマイドBの14番、メガネのやつありえん可愛いですよ。
そんなこんなでみんなと合流してクイズなんとかアカデミーで遊んでからライブ会場へ。
昼の部の僕のチケットは身内で1番前の席なのは分かってたんですけど(4列目でした)、会場に行ってみると1列目の席は外されていて、2-3列目は人を入れてなかったので実質最前でした。
会場でトップクラスに夏織さんのこと何も知らないのにいいのかな…と思わないこともなかったですが、せっかくなので楽しませていただく事にしました。
ちなみに夜は2階席の1番後ろの席でした。以下、曲順にそって昼夜ごちゃ混ぜで感想を書いていきたいと思います。なんも書いてなかったら大体昼の事です。

1.Sunny You
2.CREATION×CREATION
まず思ったこと。近い。近すぎる。
本当に5-10mくらいの距離で夏織さんが歌っております。スピーカーもめっちゃ近くて耳がじんじんする。
アルバムの最初の2曲、僕の中での彼女のイメージはこういう明るい曲がメインなのですごく好きです。
その割に2週間前怪獣娘のチケットもらうまでSunny Youが主題歌だって知りませんでしたが…
CREATION×CREATIONは好きな色のサイリウム振っていいって言われてたので周りちょっと見て1番少なそうだった赤を振らせてもらいました。ってかこれ以降全部なんですが一応色が決まっている(と聞いていた)割にはみんな青ばっか振ってた気がします。
3.虹のソルフェージュ
4.半透明の世界で
水分補給(やたらと多い。そして観客が優しい。)入れてからのソルフェージュ…は良かったんですけど
あれ?次の曲聴いたことなくない?ってなりました。Ray Ruleのカップリングは予習足りてませんでした…うちにCDあって再生したことあるのにこれは怠慢でしたね。
まぁ1曲も知らなくても盛り上がれることを某DJに教わっていたので死ぬ気で棒振りました。
幕間映像1(川下りチャレンジ)
風の音が聞こえなかったので神企画でした。
5.(DAY)SHINING LINE* /(NIGHT)17才
セイラちゃんみたいな衣装(アイカツは全く詳しくないので正確に言うと某先輩のアイコンみたい)だな〜とか適当な感想を抱いてたら本当にアイカツの曲を歌うらしい。後ろからめちゃくちゃ歓声が聞こえてきました。愛されてんなアイカツ。詳しくなくてごめんよ…って感じでしたがここでも死ぬ気で棒を振りました。
昼と夜の間に「変わるとしたらカバーのところじゃない?」みたいな話をしていたのでちょっと期待していたのですが、夜の部では「みんなのサイリウムで虹を作って欲しい」との(神峰翔太的な)企画のあと、色づくのOPであるところの17才を歌ってくれました。
最終回当日にこれは嬉しすぎる。空が青くて良かった、海が青くて良かった、Sunny Spot Storyに参加して良かった状態でした。Aメロの間はモニターがモノクロになっていて、サビで色づいていく演出も素晴らしかったです。夏織さんがこの作品を大切に思ってくれているのが改めて知れて嬉しかった。
昼の部で帰ってたら死ぬほど後悔してたやつですねこれ…
6.Heavenly lover
SHINING LINE*は曲の紹介してくれたんですけどこの曲はそのまま繋ぎで流れて、これもアイカツなのかな…とか思ってたら全然違った…。
7.Orange Note
やたらと歌詞が可愛いことで(僕の中で)話題のこの曲。「さみしくて会いたいんじゃない 会いたくてさみしい その違いちゃんと分かってほしい」とか全メンヘラに聴かせたいですよね。
後ろから見てるとオレンジ1色のサイリウムがすごい綺麗でした。
あとダンスが異常に可愛い。最前でニヤつく不審者になっていた可能性が高いです。
幕間映像2(DAY:お菓子作り、NIGHT:Sunny Spotを探せ!)
お菓子作りは佐伯シェフがGJだった。Sunny Spotを探すやつは相模湖のプレジャーフォレストのアスレチックに挑戦するやつだったんですけどマジで怖そうでしたね…精進湖とは比べ物にならないくらい面白かったのでこちらも映像化して欲しいですね。
8.empathy
9.雨模様リグレット
紫色のドレスチックな衣装(今日イチ可愛い。9点)に着替えての本人曰く「しっとりした」2曲。
empathyは学園祭で、アルバムの中でもお気に入りの1曲ともおっしゃってましたね。最初sympathyって言ってたけど…
雨模様リグレットは夏織さんを囲むレーザーの演出が最前だと綺麗に見えたんですけど後ろだとよく見えなかったので、前の方が楽しめたかなーと思いました。
10.Ray Rule
11.Untitled Puzzle
12.Singularity Point
夏織ダンサーズ4人を交えてのダンスナンバー×3。
この3曲に関しては昼の部で1番前にいるときは全く見えなかったんですけど会場全体を覆うレーザービームみたいな演出がすごく綺麗だったので後ろの方が楽しかったかもしれない。
こういう曲はあんまり僕の中で夏織さんのイメージとしてない(どっちかというと可愛い系のイメージ)んですけど、こうやってライブで歌っていただくとステージ映えもするし多様性ありますよね。あらかっこいい…。ちなみにこの3曲の中だとUntitled Puzzleが好きです。
13.Blooming Flower
アンコール
アンコール1.♮ Melody
アンコール2.Blooming Flower(2回目)
彼女のデビューシングル、Blooming Flowerからのアンコール。
この曲歌詞がめちゃくちゃいいんですよね。本当に理想のデビューシングルって感じです。
アンコールのMCで、ファンへの感謝を伝えて、「泣かないって決めてたのに」泣いちゃって、感極まったまま♮ Melodyに入って涙目のまま歌ってたんですけど、「本当に最後の最後」のBlooming Flower(2回目)では、本当に最高の笑顔で歌っていたのがすごく印象的で、この泣き顔と笑顔のギャップが今回のライブで1番忘れられないシーンでした。
最後の最後は笑顔で。クソにわかで恐縮ですが本当に夏織さんらしいライブだったのではないでしょうか。
ということでおしまい。退場前にマイク外して生声でありがとうございましたって挨拶をしてたのですが、昼の部の時は「これ後ろまで聞こえてるのかな…」と要らん心配をしてたのが夜の部で2階席の1番後ろまでちゃんと聞こえてちょっとじーんとなった話は…特に需要なかったですね。

全体通しての感想
声優さんのライブに行くのは初めてだったのですが、本当に楽しい時間を過ごせました。
誘ってくれて本当にありがとう。
石原夏織さん、近くで見ると本当に細くてちっちゃくて、圧倒的な存在感で観客を殴ってくるわけでもなく、どこにでもいそうな「普通の女の子」に見えました。
それでもステージでのパフォーマンスは明らかに普通ではなくて、でもMCで喋ると普通の可愛い女の子みたいで、そのギャップが彼女の魅力なのかもしれません。
ライブ後に鍋をつつき(つつけたのは最後まで残れた数人だけでしたが)ながら長年彼女を推している友人から今までの歴史を少し聞きましたが、夏織さんが今まで辿ってきた道は楽な事ばかりではなかったと思います。それでも「普通の女の子」がソロデビューして、こうやって1stライブを開催することができたのは、彼らのように長年彼女を応援している人々が少なからず存在するからではないでしょうか。
そして夏織さん本人も、その事を誰よりも分かっているからこそのあのステージなのではないかと思います。
僕は作品を好きになったり、この人可愛いなと思うこと(DDじゃないですよ)はあれど、声優やアイドルを「推す」という感覚がよく分からないまま25年生きてきたのですが、なるほど応援したくなるっていうのはこういう感覚なのかなと少し学ぶことが出来ました。

 
石原夏織さんと彼女を追いかける皆さんが未来の1秒先で笑っていられるように、末席ながら祈るばかりです。

ジャワ島旅行も最終日です。とはいえ7日目でジャカルタ中心部は歩き回った(大体猫しか見てない)ので8日目は軽めの観光で。

朝8時くらいに起きて、まずは昨日外からさんざん写真を撮りまくった独立記念塔・モナスに上ります。
入り口が塔から少し離れたところにあって、そこから地下へ。
P1020080
入場料を支払って、地下道を通って塔の真下へ。RPGのダンジョンみたいですね。
モナスの地下部分はインドネシアの独立までの道程をインドネシア語と英語で紹介したミニチュアが並んでいました。
ここでのどが渇いて、自販機で水を買おうと思い2万ルピア札を入れて5000ルピアの水を買おうとしたのですが、なんとお釣りが出ない仕様らしくてしょうがないのでスプライト1本と水3本くらい買いました。もう最終日なので細かいお札とか使い切っちゃってたんですよね。ちなみに1万ルピアが80円くらいです。
軽い見学といささか過剰な水分調達を済ませてからいよいよエレベーターへ。
朝早めに来たからスイスイ登れるだろうと思っていたら、地元の学生の遠足?社会科見学?のようなものとはちあってしまい30分か1時間くらい並んで待たされました。その間スタッフのおじさんが「日本語の練習をさせてくれ」と言ってインドネシアの独立の歴史を日本語で語ってくれたので退屈はしませんでしたが、全部下のミニチュアの紹介文に書いてあったことだったので頑張って英語読む意味なかったですね。

そうこうしているうちにエレベーターに乗って最上階へ。
P1020092
P1020097
モナスの高さは130mちょいで周りは公園なので、ジャカルタの街を見晴らすには最適のスポットです。写真を見てもらってもわかるように高層ビル群もあり非常に発展した都市なのですが、なんか空気が汚いですね・・・。昨年末にテヘランのアザディー・タワーに上りましたが、同じような空気の汚さを感じます。新興都市あるあるなのかもしれませんね。ちなみにこの日の天気は快晴なので雲とかではありません。念の為。
一通り景色を見終わったので降りようと思ったのですが、団体様御一行が下りのエレベーターに並びまくっていたのでまたここで30分くらい待たされました。途中地元のキッズがめっちゃ暴れてぶつかってきました。微笑ましい光景ですが微笑ましい家族連れにカモフラージュしたスリの可能性も普通にあるので財布にめっちゃ気を遣う羽目になりました。
無事に降りることはできましたが、意外と時間食ってしまいました。

次は昼飯が食いたいということで、一度ホテルに戻りチェックアウトして(荷物はフロントに預けました)歩き方でおすすめされていた海沿いのレストランを目指します。市内バスに乗り込んで(搭乗場所は中央分離帯部分にあり、歩道橋経由で行くべきだったのですが、そんなこと知る由もないのでバスしか入れない専用レーンに突入するヤバい観光客になってしまいました)ジャカルタ北部のコタ駅へ。そこから更にタクシーでレストランを目指します。がどうもタクシーの運転手が場所を知らないらしく、そこから人に道を聞いたりして最後はそのへんをバイクで走ってた兄ちゃんに(2万ルピア渡して)連れて行ってもらいました。
ということで目的地のレストラン「バンダル・ジャカルタ」へ。ここはどうもアンチョールと呼ばれるリゾート地のレストランみたいですね。アンチョールに入るだけでお金取られました。
このレストランでは生簀に大量の魚介類が入っていてそれを料理してくれるとのことです。
店員にエビとイカをお願いし、ほかはオススメだという魚(名前もわからない)をグリルしていただけることに。
僕は魚介類は全部塩焼きでいいんですけど、味付けが甘いソースか辛いソースしかないとか言われてしゃあなしで辛いソースを選びました。
image
これを料理してもらえます。1人ってアピったのですがめちゃくちゃ量が多いような・・・。
しばらく待っていたら料理が来ました。
image
image
やっぱ多い・・・。味は美味しいんですけどね。特にエビが多すぎてお腹いっぱいになったのでその辺にいっぱいいた猫にプレゼントしました。猫と一緒にごはん食べられるのも猫好きには嬉しい。
リゾート地っていうのと、そもそも量が多すぎた事もあって今までの食事で一番金取られました。歩き方に「多人数で来ることをオススメする」って書いてあったけどまさにそのとおりだと思いました。

P1020164
P1020122
P1020125
で先程のコタ駅に戻り、ファタヒラ広場へ。
このエリアはインドネシアがオランダの植民地だった時代の建物が残っている地区だそうです。
写真で見るとなるほどなるほどと思うかもしれませんが、広場の中心部からちょっと外れると、コロニアルな町並みが見えてくる、といえば聞こえはいいけどぶっちゃけ廃墟だらけでした。将来的に1軒買い取って改装してホテルとして営業したろうかって思ったくらいには廃墟だらけでした。あと歴史ある港湾地帯なのはいいのですがまたここもスラムに片足突っ込んだような住居が乱立してて治安が良さそうではなかったです。
とりあえず港近くの海洋博物館へ。
P1020149
ここは植民地時代に倉庫として使われていた建物で、インドネシアで今まで使われた船舶について説明がなされていました。あと植民地時代に取引されていたスパイスや、海洋生物の標本もありました。
写真で見るときれいな建物のようですが、左の建物の奥の方(写真には映ってない部分)は屋根が焼け落ちていました。文化が廃れるのはあっけない。いや一応観光地なんだから直せよ・・・。
P1020156
広場に戻るとすっかり夕方に。飛行機の時間までは余裕がありますが、ホテルに戻って早めに空港に向かいます。

駅で空港行きのバスを探していたらタクシーの運ちゃんに「5万ルピアで乗ってけよ」と言われました。バスが4万で空港までのタクシーの相場は10万くらい。なんでそんな安いねんといぶかしみながら話を聞いていたらおっちゃんがもう1人現地の兄ちゃんを乗せるっぽい。なるほどだから安いのか。
兄ちゃんはインドネシアやその周辺国を旅して回ってる人で、英語が堪能だったのでいろいろと話してくれました。僕と同じでイジェン火山のツアーに参加したけどブルーファイアを見ることができなかったそうです。またこの流れで初めてインスタグラムに外国人のフォロワーが追加されました。
1時間くらい喋ってたら空港に。帰りの便にチェックイン。
行きは1kg手荷物超過していたのにもかかわらず超過料金を取られませんでしたが、帰りはどうなるかわかりません。ここで無駄な出費をしたくないので捨てられるものは全部捨ててきました(例えばガスマスクはバニュワンギのホテルに置いてきました、あとシャンプーや歯磨きセットなど使い捨てのやつは全部捨てました)が、なぜか荷物の重さを計られることすらなかったです。おい適当だなエアアジア…。無意味。まぁ結果として超過料金はなかったわけですが・・・。

空港には吉野家や丸亀製麺などの日本でおなじみの底辺飯チェーンがありましたが、別に日本と比べて安くもなかった(というか高かった)ので中華料理屋に入って担々麺と鶏肉スープを注文。
お土産を買ってゲートに入ります。
時間にはめちゃくちゃ余裕を持って入ったのですが、真剣にブログ更新してたらゲート変更のアナウンスを聞いてなくてちょっと焦りました。現地語と英語でサラッと言われるだけな上に本当に当たり前のようにゲート変更されるので気をつけないとだめですね。海外で飛行機の出発を待つときはスケジュールが表示されるモニターの近くで待つのが安全だと思います。
とにかく無事飛行機に乗れました。帰りもAmazonでDLしたアニメを見るつもりだったのですが疲れててずっと寝てたら成田に着きました。

ということで今回も無事に旅を終えることができました。
旅全体の振り返りをしたい気がするので、あと1記事だけ続きます。

続き。旅も終盤。
次の目的地はジャカルタ。首都に戻って軽く観光をして、8日目の深夜便で日本に帰ります。
宿のスタッフに空港までのタクシーを呼んでもらい乗り込みます。
が、タクシーの運転手がメーターを上げていない事に気付きました。
メーターを上げないタクシー運転手と回数制限の付いていない遊戯王カードはろくな事をしません。
おーおー好き勝手やりなさるって感じで見てましたが、空港に着いた瞬間行きの1.5倍の15万ルピアを要求してきたので行きの値段と全然違うって3回くらい主張したら10万でオッケーでした。仲直りの握手をして空港に入ります。

バニュワンギのブリンビンサリ空港は非常に小さな空港で、なんなら宮崎駅とかより小さいくらいなのですが、魚が泳ぐ池があったり、屋根には芝が張ってあったりですごく落ち着く雰囲気でした。
image
image
行きと同じように、歩いて飛行機に向かいます。
image

image
飛行機からは前日に登ったイジェン火山とその周辺の山々が見えます。まぁどれがどれか分からなかったんですけど。
飛行機の窓が傷だらけ過ぎて写真に変な線が入ってしまいました。

2時間弱ほどでジャカルタのスカルノ・ハッタ空港に到着。
今回は市内中心部にあるガンビル駅近くのホテルをBooking.comで予約していたので、バスでガンビル駅に。前回と違い明るいうちに市内を車窓から眺めることができましたが、高層ビルや巨大モールが乱立していて、非常に発展している印象を受けました。その一方でリゾート地区のすぐ近くにスラム同然の街があって、良くも悪くも新興国だなあと思いました。
駅から少し歩いてジャラン・ジャクサという有名な安宿街にあるタトール・ホテルが今日の宿です。
料金は12万ルピア(1000円弱)で温水シャワー付き、この旅で唯一トイレ・風呂別でした。
image
ただめちゃくちゃ部屋が狭い。刑務所かと思いました。
この部屋は大きい1つの部屋をパーティションで分けたような作りになっていたので実質ドミトリーなんですね。この大きい部屋にエアコンもひとつ付いていたのでかなり快適でした。

移動で疲れたので携帯の充電がてら夕方まで休憩。まとめサイトで春間豪太郎さんのキルギス旅の記事を読んだりしていました。旅先で旅の記事読んで何の意味があるねんって感じですが、僕の旅好きに間違いなく影響を与えた要素のひとつなので仕方ないですね。ちなみに他に2つくらいあるのですが内緒です。
豪太郎さんの冒険に関しては本も出てるので興味持った人は是非読んでみてほしいです。熱い宣伝。


記事を読み終わったあたりで少し日も落ちてきたので市内観光に。
ジャカルタの中心にある独立記念塔、通称モナスに向かいます。
image
image
途中に猫がたくさんいて癒されました。可愛いですね。

image
インドネシア独立記念塔。高さは130m以上あるそうです。
この上に登ることもできるのですが、周りが明るい時の方が見晴らしがいいのかなと思って明日に回しました。
image
image
その代わり猫の写真を撮りまくりました。本当に可愛い。
この子猫は1時間以上かけて警戒を弱めて接近することができました。最後の方は僕の足下で寝始めてめちゃくちゃ可愛かったです。何しにきたか分からなくなってきましたね。

流石にこのまま戻るのはアレだったので、夕食をとってから東南アジア最大のモスクと言われるイスティクラール・モスクに向かいました。
入口の警備員にもう開いてないから明日の朝来いと言われてしまい、仕方なくホテルに戻ろうとしましたが、帰り際に自称ガイドの兄ちゃんから「ガイド料込みで25万ルピア払えば今すぐ入れる」と言われました。明らかにうさんくさかったので警備員のおっちゃんに確認してみたらどうやら本当らしい。
じゃあお願いしようかなと思ったのですが財布に20万ルピアしか入ってない。詰んだ。
それを兄ちゃんに説明して帰ろうと思ったら20万ルピアで良いって言われてしまいました。申し訳ない…。
宗教的に重要な場所なので中で借りられる上着を羽織って中に。
image
今までマレーシアやトルコ、イランで結構な数のモスクを見てきましたが、1番大きかったです。
ガイドによると世界で3番目に大きいモスクだとのこと。1位と2位はイスラム教徒以外の観光がほぼ不可能なサウジアラビアらしいので実質世界1位なのでは(調べてみたらサウジアラビアが観光ビザを発給する方針というニュースがヒットしました。本当なら楽しみですね)。
image
夜のイスティクラール・モスク。
イスラム教の建築物はとても好きなので、結果的にとても満足な見学になりました。ガイドの兄ちゃん20万ルピアしか払えなくてごめんね。

そのあとは歩いてホテルに戻ることに。
image
せっかくなので夜のモナスも撮影。
海外であまり遅くまで出歩くのはやらないようにしているのですが、この日は22時過ぎまで外を歩いてました。夜は結構涼しいので歩きやすかったです。

次はいよいよ最終日。旅の終わりです。
つづく。 

↑このページのトップヘ