どうも、お久しぶりです。
ぼーっとしてたらイラン旅行も1記事しか書いてなくてタイミング逃して半年以上経ってもういいかなって思ってたんですけど、書いてくださいって言われたり冨樫って言われたので帰国したら書こうと思います。気が向いたら。

今年の夏休みはジャワ島旅行に行くことにしました。 
理由は飛行機代が安かったからです。
だいたい長期休みが取れる時期になるとどこに行こうかなって脳内行きたい場所リストを頼りにスカイスキャナーとにらめっこするんですが、エアアジアで成田-ジャカルタが往復26000円と割安な上に、直行便だったので現地での時間もたっぷり取れそうだったので行き先を決めました。脳内行きたい場所ランキングだとエジプトとかヨルダンとかモロッコとかメキシコが上位なんですけど遠いし高いし厳しいですね。いつか行きたい。

ということでジャワ島に行くことにしたんですけど、目的は何といってもボロブドゥールです。
世界史の資料集で初めて存在を知ったのが高2の頃でしょうか、ずっと1回は行きたいところでした。
他にもロロ・ジョングランだったりテレビで始まりの男こと佐野岳くんが登ってたイジェン火山あたりが気になるので、この辺を主目的に旅しようと思います。

実はLCCの国際線に乗るのが初めてで、機内持ち込み荷物のサイズに引っかからないサイズのバックパックを買いました。5000円くらいですが。
そして出発当日、意気揚々と成田空港で機内持ち込み荷物の重量を測ったら「1kgオーバーしてますね」と言われてしまい初っ端から出鼻を挫かれました。
出発前日にうちに泊まった大学時代の友達と「これ7kgあるかな?」「ないでしょ。5kgじゃない?」「だよねー」とか会話してたのが死ぬほど恥ずかしいですね。
でもエアアジアのグランドスタッフの人に「今回は特別に追加料金なしで良いですよ」って言われたのでセーフ。神LCC。一生媚びます。ただ帰りはどうなるんだこれ…………。
7時間くらいのフライトなので機内も狭いと嫌だなと思っていたのですが、席がガラガラすぎて離陸1時間後くらいには3列全部空いてる席に移動させてもらって広々と使わせていただきました。
機内食がないのも好きなもの持ち込んで食べれるって考えたらメリットだと思うんですよね。カツサンド食べました。

あと国際線でおなじみの映画観るアレがないのであらかじめiPadのAmazonプライムビデオのアプリで『三ツ星カラーズ』をあらかじめダウンロードして機内で観ていました。普通に面白くて機内で笑い声を出してしまう不審者ムーブをやらかしてしまいました。他には地球の歩き方読んだり、窓から空を眺めてたりしたらジャカルタに着きました。おつカラーズ!
LCC、7時間くらいのフライトだと全然辛くなかったんですけどモニターがないので自分が今どこにいるのかよく分からないのはちょっと残念でしたね。

40F7F983-9554-4AE7-917F-62101A21C45F
飛行機内なので特に撮るものもないんですけどとりあえず空の写真でも。
こういうどこまで海でどこから空から分からない飛行機からしか見えない風景は割と好きです。

ジャカルタのスカルノ・ハッタ空港に着いたらとりあえず現地通貨に両替です。到着ゲートから出てすぐの両替屋で1万円分両替したのですが、よく見ると周りに両替屋が3つくらいあって僕が並んだところが1番レートが悪いところでした。ちゃんと確認しろよって話ですね。
その後1週間6GBのSIMカードを購入して駅へ向かいました。SIMフリーって本当に便利です。海外旅行の時はみんなも使いましょう。

本来の予定は空港からガンビル駅という駅に移動して、夜行列車でボロブドゥール観光の起点であるジョグジャカルタという街に向かうつもりだったのですが、その夜行列車(当然予約はしていない)が満席だと言われてしまいました。これは困った。
まぁ満席なものはしょうがないのでバスで行こう、と思い駅近くでタクシーを呼びます。
ジャカルタのバスターミナルはスリや強盗があるから夜は危ないとかなんならタクシーすらタクシー強盗も起きてるとか脅されてたので(全部ソースは地球の歩き方)、出来ればバスは使いたくなかったのですが仕方ないですね。まぁジャカルタに1泊するって選択肢もあったのですが次の日の列車も満席でホテル探すのもそれはそれでめんどくさいので。

ということでタクシー(これもソースは地球の歩き方なのですが比較的安全って書いてある会社のやつ)に1時間ほど揺られてバスターミナルに。ターミナルのおっちゃんにジョグジャカルタ行きたいって言ったら受付のおばちゃんのところに連れていかれてそのままノンストップでバスの中に連れていかれました。いや、晩飯くらい食わせてくれ…しかもそこから1時間以上止まったまま。そしてバスの中が異常に冷房効きすぎててありえないくらい寒い。上着持ってくるべきだった…。

20:30発の予定だったのが21:30くらいに出発して、日付変わった頃に休憩?で降ろされました。
トイレは金取るタイプなのにありえんアンモニア臭がキツかったです。
みんな屋台みたいなので飯食ってましたが揚げ物とかは流石に無理だったのでカップ麺を頼みました。
C4CF3C80-AA80-4CCB-B78B-93BF7D5D81D9
何味なのかはよく分かりませんでしたが、唐辛子がいっぱい入ってて辛かったです。

再出発して朝になったら、さらにボロいバスに乗り換えさせられました。
今度は逆に冷房がついてなかったのですが窓が開いていてクソ寒い冷房よりはるかに快適でした。
途中でいろんな現地の人が入ってきて、小物やお菓子を売りにきたり、歌を歌ったりするのですが、1ミリも歌詞が分からない歌を勝手に聴かせてくるのに料金を要求してきてあったまりました。
ジャワジャワのお歌ありえん楽しみ😊とはなりませんよね。
まぁ別に払っても良いんですけどその時比較的高額な紙幣しか持ってなかったから払いようがなかったんですよね…お釣りくれるわけじゃないし。途中からは寝たふりを覚えました。

そんなこんなでジャカルタから計14時間くらいバスに乗ってジョグジャカルタに着いたんですけど、到着したのが思ってたバスターミナル(着くと思ってたのが中心街に割と近いギワガン・バスターミナルで着いたのは町の外れのジョンボル・バスターミナル)全然違ってて焦りました。あとバスの中に出発前日に1000円で買った帽子忘れました。
ネットは通じるので近くのマクドナルドに休憩がてら入って調べたら、ここのターミナルからもボロブドゥールへのバスが出てるっぽかったのでラッキー。またバスに1時間半揺られてボロブドゥール遺跡に到着。ここでも歌うたいが入ってきましたが寝たふりでスルー。
バス移動でめっちゃ暇だったのでロニエに無限にクソ絡みしちゃった。ごめんね。

着いたのが昼1時くらいで、ボロブドゥールにはサンライズツアーで入りたいと思ってたので今日はホテル見つけて休憩の方針に。海外旅行は行動全てが疲れるので時間がもったいないとか言わずに休んだ方がいいと思います。
 3BA9A41E-E6E2-4F51-99C4-8920AA9C9099
こんな感じの自転車タクシーに乗りました。
最初は歩き方に載ってるホテルまでって頼んだんですが運転手のおっさんが「いや、俺の友達がやってるホテルの方がいいぞ」とか言い出してそっちに連れていかれました。
まぁ寝れればどっちでもいいんだけど… 
ホテルに着いて、値段と部屋を見せてもらってまぁ普通に広くて20万ルピア(1500円くらい) だったのでいいかなって言ってホテルを決めました。Mulya homestayって名前みたいです。
エアコンを使うと10万ルピア追加らしいのですが涼しいので必要ないでしょう。
 FDEA9433-24E4-408D-A955-637B807EB950
風呂・トイレはこんな感じになっていて、左側の水で体を洗う感じです。
お湯なんて高尚なものは出ない上に、先述の通り特に夕方以降意外と涼しいので、 普通に寒かったです。次からホテル選ぶ時はお湯使えるところにしようかな…
あと風呂場に普通に虫がいて体洗ってたらアリが這い上がってきました。まぁ安いし別にいいんですけどね。

ボロブドゥールは敷地内のホテルで朝4時に集合してそこから朝日を拝むツアーが有名なのですが、そのホテルのHPにアクセスするとよくわからん日本語で (https://www.manoharaborobudur.com/ja-jp)ホテルが閉鎖した(しかも最近)みたいな事が書いてあることに今日気付いて、これツアーやってんの?って心配して地図を頼りに行ってみたのですがどうやら移転した?みたいです。だったらHPも更新してほしい。
そんなこんなでツアーには参加できるみたいです。
朝が早いので三ツ星カラーズを残り3話観てから早めに寝ようと思います。おつカラーズ!