こんばんは。そろそろ11月も終わりですね。
機種変を機にウィジェットを設定した第111回なんとか試験までのカウントダウンがあと75日とかなってて戦々恐々としています。
ついこの間まで大学1年目とか2年目だった気がするのですが時間が経つのは早い。早すぎる。



 そんなの全く気にすることもなく内田理央さんの写真集を買いました。「写真集」とかいう今後一切使うことのない闇のカテゴリを生み出してしまった。
親友のてんお〜さんが近く誕生日だというのでプレゼントするために2冊ずつ買いましたが凄く恥ずかしかったです。郵便局でレターパックに入るか確かめる為にこれを窓口で出した時はもっと恥ずかしかった。
内田理央さんは『仮面ライダードライブ』のヒロインをやってた頃からひたすら可愛いなと思ってた(クイズのCNにしてたのは黒歴史ですね)んですが、 今回の写真集は先行カットがヤバかったので「買い」だと思って発売日にセットで購入しました。渋谷でお渡しと握手やるんですけど行きたかったですね…今後の課題にしたいと思います。在宅は悪。

上の方がプレイボーイ版で下の方がMORE版らしいので、男性目線・女性目線を網羅したという形になるんでしょうか。どっちも可愛かったのですが、やっぱりプレイボーイ版の方が男性ウケする写真が多かったと思います…下着とか下着とか下着とか。
逆にMORE版の方はラフな部屋着とかが多かったでしょうか。お風呂があったのが神。
メイク用品とかマニキュアとか紹介されてましたが女子ではないので読み飛ばしてしまいました。昔妹が買ってたseventeenをモデル目当てで読んでたことはあります(seventeenのモデルさんはだいたいみんな可愛いですよね)が、女性ファッション誌でコスメの説明とか普通読まないですからね。
ただオススメの漫画が13作品紹介されてて、そのうち3つしか読んだことなかったので媚びの漫画読破に定評がある私としては是非読んでみようと思いました。ちなみにその3つはジョジョとピンポンとTo Loveるダークネスでした。男子高校生か。
そういえば以前チューボーにゲストで来てた時ジョジョ立ちとかやってましたね…。スベってたと思うけど。

まぁどっちも可愛いとしか言えなかったので買ってよかったなって感じでした。
でもやっぱドライブ放送時の黒髪のほうがよかったかな?個人的な好みですけど。
仮面ライダーのヒロインと言えば、ちょっと前まではい○ものがかりのボーカルくらい賛否両論の顔がデフォでその後芸能界辞めたり若くして亡くなってしまったり漫画家と結婚したりみたいなイメージがあったんですけど、森カンナちゃん辺りから普通に可愛くてその後も芸能界で活躍されている方が多くて、シリーズのファンとしては嬉しい限りですね。まぁ事務所が強いだけかもしれませんが…レ○ロ最高!

http://eiga.com/movie/82278/

それとは全く関係なく『この世界の片隅に』を観に行きました。
元々興味はあったんですが、Twitterやらで評価が持ち上げられ過ぎでなんか気持ち悪いし観るのやめようかなーなんて思ってて中々映画館に足を伸ばせませんでした。
ですが元々興味はあったわけだし、朝ドラでブレイクしたのに某大手事務所と一悶着あって芸能界から半分○されて洗○報道まで出てた(本当にどうしてこうなった)能…改めのんさんを応援する意味も込めてシネ・リーブル神戸さんに行くことにしました。あまちゃん全話視聴勢としては。
 公開からちょっと時間経っててなおかつレイトショーなので人も少なく快適でした。まぁあの映画館で満席だった映画とかまどマギくらいしか記憶にないですが。 
前半までは戦時中ながらものほほんと生きてる主人公のすずと周りの人々の生活が微笑ましい感じで描かれていました。周作さんとのイチャイチャ要素も見ていてにやけてしまいました。
のんさん田舎のアs…個性的なキャラクターが本当にハマリ役ですね。あまちゃんの頃から演技が上手いとは思ったことがないのですが、適材適所ってやつですかね。たどたどしい喋り方が本当にすずとマッチしていました。ただもうしゃべくりとかには出ない方がいいとは思います。
可愛らしい絵柄もあってこのまま終わるのかなあとか思ってたら急に○○が○○○で○○したシーンから一変して話が鬱々しはじめて一層目が離せなくなりました。すずも○○を失ってしまうし、あの絵柄で登場人物の顔から笑顔が無くなると逆に怖いですね。観てるこっちも鬱になりそう。伏字にした意味は特にありません。
ラストも原爆が広島に落ちてすずの家族が被害に遭い、戦争にも負け、妹も原爆症で出血傾向きたしてて明らかにハッピーエンドじゃないんですけど、それでも笑顔を忘れず生きていこうとする登場人物たちの芯の強さっていうのは観てて強く感じました。
因みに完全に矛盾するんですが1番印象に残ったのは玉音放送の後にすずが泣きながら悔しがるシーンですね。なんか何を言っても政治的な用語を口に出してしまいそうなので言いづらいのですが、戦争に様々な犠牲を払ったすずだからこその涙ですよね。多分。

後ろで観ていたおばちゃんがめっちゃ泣いてて若干気が散りましたが、風景の描写や表現も綺麗で、映画館で観ることが出来て良かった作品ですね。やたら高評価されてるのも頷けると思います。題材が題材だしあんまり持ち上げていろいろややこしい主張されてしまうとやっぱりウザいですけどね…。

いつもの事ですがやたらと長い文章を書いてしまいました。
もう一度写真集を熟読してから寝ようと思います。
おやすみなさい。